Azure ADに参加すると他PCへのアクセスが面倒

 Windows 10をクリーンインストールする際にAzure ADという項目があるのに気付いて Surface Pro 4を買ったついでに試してみたのだけど、 Azure ADに参加していないPCにリモートデスクトップ接続しようとしたところで問題発生。 (;゚Д゚)

Active Directoryに参加しているPCから管理外のPCへアクセスする際、 シングルサインオン的な働きでユーザー名がドメイン配下にあるものとして扱われてしまうのを 「\ユーザー名」と入力して回避するのだけど、Azure ADだとログインに失敗するのだ。 どうも「@XXX.onmicrosoft.com」のサブドメインは外れても「AzureAD\」が残るらしい。


結局「接続先コンピューター名\ユーザー名」まで入力することでリモートデスクトップ接続は成功した。 しかし接続先を保存できるとはいえ、これは面倒臭い。 ルータの簡易ファイルサーバにアクセスしようとして 「ルータ名\everyone」の入力を要求されたときは勘弁してくれと思いましたね。


 今のところ全てのPCをAzure ADに参加させる予定はないし、 他のネットワークに持ち込むつもりで買ったSurface Pro 4なので Azure ADから離脱してMicrosoft Azureアカウントと伴に塩漬けかなぁ。 ┐(´∀`)┌