2008年8月7日

Mac miniはeSATAが付いてないと思ってたら裏ワザがあったようだ

 Mac miniは内臓2.5インチHDDがSATAなのに外付け拡張用のeSATAポートは提供してない。 つかMac ProにもiMacにも付いてないから、Appleの主張としては外付けHDDはFireWireで繋げってことなんでしょうね。

でもFireWire S3200が策定されて、それに対応したMac miniが発売するのを待つよりは、さっさとeSATAを利用できるように改造してしまうのが手っ取り早い気がする。 対応機器も多いし。

 どうやらMac miniの基盤上に余ってるSATAコネクタがあるそうなので、それを変換ケーブルを駆使して引っ張り出せばOKらしい。 ケーブルの出口には、セキュリティワイヤーを引っ掛けるセキュリティスロットの穴を広げてやると収まりが良いとのこと。 ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
買って早々に刃を入れるのはちょっと切ないですけど。 (´・ω・`)ショボーン

ついでに2.5インチHDDを使ってるPS3で、3.5インチHDDを使っちゃう記事。


  

【関連記事】

0 件のコメント:

コメントを投稿