2008年11月8日

新MacBookでBootCampするとインターフェースが滅茶苦茶な件

 新しいMacBookの特徴と言えばマルチタッチトラックパッド。 ボタンを備えていないこのトラックパッドは、2本指でタップすると副ボタンのクリックができる仕組みになっている。 しかしBootCampしたWindowsではこれが動作しないのだ。Σ(・∀・|||)ゲッ!!

と思ったら、何故か3本指タップで右クリックになりました。Σ(゚Д゚;エーッ!


BootCampコントロールパネルに2本指の設定があるけど効果無し


なお[Shift]+[F10]にも右クリック(アプリケーションキー)の効果があります。




 次にキーボード。 BootCamp領域にWindowsをセットアップした後、OS X Install DVDを挿入するとデバイスドライバがインストールされ、各種ハードウェアが使用可能になります。 しかしキーボードのドライバが英字キーボードのものらしく、キーボード右側の記号が刻印通りに入力できないトラブルに見舞われます。(´・(ェ)・`)クマー

この問題を解決するにはデバイスマネージャーからキーボードのドライバを更新すると吉です。 デバイスドライバの一覧から適当なUSB日本語キーボードを選べばうまいこと動きます。保障はしませんが。


ALPS Japanese USB Keyboardに変更


このとき英数キーは[無変換]、かなキーは[ひらがな]として認識されました。



 MacBookのキーボードで困ることがもうひとつ。 全角/半角キーが無いために日本語入力への切り替えができないことです。こちらはIMEのキー設定を変更するだけで解決します。


かなキーでIMEのON/OFF



 他に[PrintScreen]など、キーボード上に存在しないキーが必要になったときは、Windows標準のスクリーンキーボード(osk.exe)を使うと良いでしょう。


【関連記事】
MacBook購入(Core2Duo 2.0GHz)
全角/半角キーがキーボードの左上にあるのはおかしい

0 件のコメント:

コメントを投稿