ubichupas.net

DVDからISOイメージを作成

 仮想マシンを作成する際に必要になるでしょうから CentOS7のインストールに使用したDVD-RからISOイメージを吸い出しておきます。 DVD-Rを焼く際に使用したISOイメージをそのまま転送すれば済む話なのですけどメモ的に。

 まずCentOS7のインストールメディアはUSB接続したBD-Rドライブに挿入されている状態です。 そしてそのBD-Rドライブが/dev/配下のどれに対応するのかわからない「Linuxあるある」ですけど、 一般的にはdmesgコマンドの出力からUSBデバイスを接続した瞬間のイベントを探して解決します。 しかしlsblkコマンドの方が直感的にわかり易いので覚えておきたい。
[root@localhost ~]# lsusb
Bus 001 Device 003: ID 8087:0a2b Intel Corp.
Bus 002 Device 003: ID 08e4:017b Pioneer Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub

[root@localhost ~]# lsblk
NAME                MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE  MOUNTPOINT
sda                   8:0    0  2.7T  0 disk
└─md126             9:126  0  2.7T  0 raid1
  ├─md126p1       259:0    0  200M  0 md    /boot/efi
  ├─md126p2       259:1    0  500M  0 md    /boot
  └─md126p3       259:2    0  2.7T  0 md
    ├─centos-root 253:0    0   50G  0 lvm   /
    ├─centos-swap 253:1    0 15.7G  0 lvm   [SWAP]
    └─centos-home 253:2    0  2.7T  0 lvm   /home
sdb                   8:16   0  2.7T  0 disk
└─md126             9:126  0  2.7T  0 raid1
  ├─md126p1       259:0    0  200M  0 md    /boot/efi
  ├─md126p2       259:1    0  500M  0 md    /boot
  └─md126p3       259:2    0  2.7T  0 md
    ├─centos-root 253:0    0   50G  0 lvm   /
    ├─centos-swap 253:1    0 15.7G  0 lvm   [SWAP]
    └─centos-home 253:2    0  2.7T  0 lvm   /home
sr0                  11:0    1 1024M  0 rom


 BD-Rドライブが/dev/sr0と判明したのでddコマンドを使って ブロックデバイスの中身を単純にダンプしてしまいます。 するとそれがそのままISOイメージとなります。
[root@localhost ~]# dd if=/dev/sr0 of=CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso
8456192+0 レコード入力
8456192+0 レコード出力
4329570304 バイト (4.3 GB) コピーされました、 548.663 秒、 7.9 MB/秒

[root@localhost ~]# file CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso
CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso: # ISO 9660 CD-ROM filesystem data 'CentOS 7 x86_64' (bootable)

 作成したISOイメージとインストールメディアをそれぞれマウントして、 同じファイルが入っていることを確認できました。 ISOイメージをマウントする際は-o loopオプションが必要です。
[root@localhost ~]# mkdir -p /mnt/{dvd,iso}

[root@localhost ~]# mount -t iso9660 /dev/sr0 /mnt/dvd
mount: /dev/sr0 is write-protected, mounting read-only

[root@localhost ~]# mount -o loop -t iso9660 CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso /mnt/iso
mount: /dev/loop0 is write-protected, mounting read-only

[root@localhost ~]# ls /mnt/dvd
CentOS_BuildTag  EULA  LiveOS    RPM-GPG-KEY-CentOS-7          TRANS.TBL  isolinux
EFI              GPL   Packages  RPM-GPG-KEY-CentOS-Testing-7  images     repodata
[root@localhost ~]# ls /mnt/iso
CentOS_BuildTag  EULA  LiveOS    RPM-GPG-KEY-CentOS-7          TRANS.TBL  isolinux
EFI              GPL   Packages  RPM-GPG-KEY-CentOS-Testing-7  images     repodata

[root@localhost ~]# umount /mnt/dvd
[root@localhost ~]# umount /mnt/iso
[root@localhost ~]# eject /dev/sr0
ejectコマンドをTABキーで補完すると/dev/sr0が出るのは裏技かもしれません。

0 件のコメント: