2013年1月2日

Python Tools for Visual Studio 1.5のインストール方法

今年こそPythonを積極的に活用して行こう思い、常用しやすそうなエディタを検討した結果、Visual Studio用プラグインを導入してみることにしました。インストーラーに従うだけで特別な設定は要らないようです。


まずはPythonですが、 Windows寄りなプログラミングがしたかったので、CPythonでなくIronPython(IronPython-2.7.3.msi)にしました。


次にVisual Studio本体なのですが、これはダウンロードページの「追加ソフトウェア」にあるVisual Studio Shellを使用します。 ファイルが4つあったので全部インストールしました。
  • Visual Studio 2012 Shell (Integrated)
  • Visual Studio 2012 Shell (Integrated) Language Pack
  • Visual Studio 2012 Shell (Isolated)
  • Visual Studio 2012 Shell (Isolated) Language Pack


最後にPython Tools for Visual Studio(PTVS 1.5 VS 2012.msi)をインストールします。


以上を終えてからVisual Studio 2012を起動すると、「他の言語」でPythonプロジェクトを選べるようになります。




テスト実行は簡単、インテリセンスもばっちり働くようです。



それと.pyファイルの右クリックメニューに「Edit with Visual Studio」が追加されていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿