2012年8月15日

5.1chサラウンドのtsファイルはTVTestで再生できる

 ドロップやスクランブル解除漏れ、その他よくわからない理由で録画したtsファイルの再生が止まってしまうことがしばしば。 できれば興がそがれるような手間はかけずに視聴したいものですね。

そんな願いを叶えてくれたのが、TVTestでtsファイルを再生できるようにするBonDriver_Fileプラグイン。 地デジをリアルタイム視聴するためのTVTestでHDDに保存した放送波を再生するのですから、これはもう無敵でしょう。 何の設定も無く5.1chサラウンドの音声を再生できました。 さらに画面キャプチャや副音声への切替、字幕の表示など、リアルタイム視聴時と同様にTVTestの機能も使えます。

[ファイル再生]チャンネルが増える

 BonDriver_Fileの導入は簡単なのですが、現在はDTV UPLOADERが閉鎖してしまったため入手困難となっています。 以前配布されていたときのファイル名はup058.zipでしょうか。 TVTest公式サイトのアップローダなどで拾えることもあります。

首尾よくBonDriver_FileとTVTestのアーカイブを手に入れたらそれぞれ解凍します。 自分は視聴用のTvTestと再生用のTvTestを分ける派なので、フォルダをTvTest_Fileとリネームしています。


  • TvTest_Fileフォルダ直下に配置するファイル
    • BonDriver_File.dll
    • BonDriver_File.dll.ini
  • TvTest_File\Pluginsフォルダに配置するファイル
    • BonDriver_File.tvtp
    • BonDriver_File.tvtp.ini

 テキストエディタでBonDriver_File.tvtp.iniを編集して、tsファイルをドラッグ&ドロップできる設定にしておくと便利です。
' TVTestメインウインドウへのファイルD&Dを可能にする
'  0:無効(デフォルト)
'  1:有効
DDMainWindow=1

 TvTestの初期設定でBonDriver_File.dllを指定します。 再生時にスクランブル解除するのでカードリーダーも使用します。 tsファイルの再生専用にするのでチャネルスキャンは行いません。 無事に起動したら右クリックのプラグインメニューからBonDriver_File Control(シークバー)を表示しましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿