ubichupas.net

無圧縮ZIP作成ツールを改良してみた

 以前作った無圧縮ZIP作成ツール(ZipBasket)を使ってたら不便があったので、ちょっくら改良してみた。(σ・∀・)σ[ZipBasket.zip]

※実行には『Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1』が必要です。

■ 圧縮済みフォルダの検出

 圧縮処理を中断する機能を作ってみたものの、中断後にツールを終了してしまうとどのフォルダまで圧縮したのかわからなくなってしまうのが不便でした。┐(´д`)┌ダメジャン

そこで圧縮対象のフォルダを登録した際に「フォルダ名.zip」のZIPファイルが既に存在している場合には、そのフォルダを圧縮済みの状態で登録できるように改良しました。

はじめから圧縮済みの状態で登録される


■ ZIPファイルの取り出し

 作成したZIPファイルをツールのListViewからエクスプローラにドラッグ&ドロップで移動できる機能を追加してみました。 圧縮した後でジャンル毎のフォルダに振り分けて保存したりしたい場合なんかに便利かも。 まぁエクスプローラからやればいいんだけどさ。

ZIPファイルをエクスプローラにドラッグ可能


Windowsアプリのドラッグ&ドロップ処理を作り込むのって結構面倒なのね。



【関連記事】

4 件のコメント:

zaki
さんのコメント...
はじめまして。
素晴らしいツールを公開していただきありがとうございます。

ひとつお聞きしたいのですが、「ドロップしたフォルダ」で常に登録する方法はありませんか?
サブフォルダの構成はそのままでまとめて固められるとうれしいのですが。
ubichupas
さんのコメント...
単純に指定したフォルダを圧縮するってことですよね?
そういえば一番基本的な機能がありませんでした。(∀`*ゞ)テヘッ

月末あたりに作ってみます。
zaki
さんのコメント...
ご返答ありがとうございます。
よろしくお願いします。