2009年3月6日

放課後プレイ (黒咲練導)

 メロンブックス札幌で「オドロキのエロさ!!!」とタグ付きで売られていたので買ってみたのですが、虎のペーパー付が転売されるほどの話題作だったみたいですね。(今はもう三刷目で余ってます。)
作者がpixiv住人らしいからそっちの方で盛り上がったのかな?


 内容については電撃4コマ立ち読み屋で1話が読めるけど、放課後部屋に遊びにくる背の高い彼女とゲームしたり、蹴られたり、キスを迫られたり、イチャイチャするもの。彼女の赤面ぶりが可愛いと評判です。 あと長い足ね。見事な黒タイツさん。そのうえ黒髪ロング強気だけど照れ屋という蹴られ甲斐のあるキャラ立ちです。(*´Д`)ハァハァ

なお2話以降から線が滑らかになるので、1話の絵柄は大目にみれ。


放課後プレイの扉絵


 エロスポイントとしては毎回PSコンのコードを絡めた扉絵を描ているのが素敵。(*´д`*)ハァハァ
もうひとつ印象に残ったのが、登場人物2人の呼称が「私」「あんた」「俺」「お前」となっており、名前が一切出てこないこと。また舞台も1度だけゲーム屋を訪れたのを除いては主人公の部屋に限定されています。 このような二人だけの世界に終始した点が読者の妄想をかきたて、電撃4コマとしては異例の人気に繋がったのではないかと思います。





 現在は主役を主人公の友達(ギャハハ笑いの人)と交代した『放課後プレイ2』が電撃PlayStationで連載中だそうです。 世界観を広げる方向性であれば自分の感じた良さとは異なるのであまり期待できないなぁ・・・ 店頭に並んでれば2巻も買うけどね。(´・ω・`)ショボーン

0 件のコメント:

コメントを投稿