2009年2月7日

ちょっとネパール行ってくる⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

無職らしく自分探しの旅に出ます。


・・・というのは嘘で、父の友人にくっついて観光してくるだけです。
俺に独りで海外行く度胸なんてあるわきゃねー。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

 しかもネパールとか上級者向けくさいし。 だって本屋行ってもネパールのガイドブックなんて売ってないもん。インドのならあるけど。 でも去年の12月20日にオープンしたジュンク堂書店 札幌店(2Fの語学コーナーとB2の旅行コーナー)にはありました。凄いぜ。(*^ー゚)b グッジョブ!!



 せっかく海外へ行くのだから、この機会に英語を勉強しよう!
なんて思いましたがネパールはネパール語でした。(´・ω・`)ショボーン

ならネパール語ってどんなものかと、便利そうな本を一冊買ってみた。


旅の指さし会話帳25 ネパール (ここ以外のどこかへ!)


これはダメだよ・・・ ダメだよこれ!!

まるで読める気がしねぇ。('A`)ワケワカラン...

理解できるのは横棒で単語の区切りを表しているんだなってことだけです。文字の形が複雑怪奇で、眺めていると文章でなく楽譜のように思えてきました。(横棒の上に演奏記号っぽいものが付いてるから。)

(´ー`)y─┛~~ ネパール語を自力で読むのはあきらめて現地ガイドの人にまかせよう。




 ネパールへのルートは千歳→香港→カトマンズです。フライト時間はどちらも5時間くらい。
だけど香港からカトマンズ行きの便に乗り換えるのにも5時間くらいかかっちゃうそうで(便が少ないから)、1日目は香港でお泊りです。

利用するのはキャセイパシフィック航空香港ドラゴン航空。行って帰ってくるだけで合計13万円ほどになりました。 あと香港ドラゴン航空がキャセイパシフィック航空に買収されたおかげなのか、荷物は預けっ放しで良いそうです。(´・∀・`)ヘー



 ネパールでの観光は都市部(カトマンズとポカラ)の町並みを眺めてくる予定。
間違ってもヒマラヤに挑んだりはしません。(ヾノ・∀・`)ムリムリ

では、完全に他人任せで一週間ほど楽しんできます。ノシ


 


Wikipedia - ネパール
日本外務省 - ネパール

2006年まで民主化運動で派手にもめてたらしい。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

0 件のコメント:

コメントを投稿