2008年7月30日

ググれの次はクルれ? 世界最大のサーチエンジン「Cuil」

 社員食堂が無料とか、米Googleは凄いぞって話をよく耳にしますが(楽天も無料らしい)、そこを辞めて新しいサーチエンジンに行く人がいるってことはよっぽど凄い何かがあるのだろうか?

【Impress】Google出身者らが“世界最大”のサーチエンジン「Cuil」公開
 米Cuilは28日、“世界最大”と称するサーチエンジン「Cuil(クール)」を一般に向けて公開した。現在、1200億ページをインデックスしており、同社ではこれが「他のどのサーチエンジンと比べても3倍以上大きい」と主張している。

 Googleはすでにインデックスの大きさを公表するのをやめているが、25日には公式ブログで「1兆ページのURLを把握している」というデータを公表していた。しかしインデックスの大きさについては依然として公表していない。Googleがこのタイミングで「世界で最も広範なサーチエンジンである」と主張したことは、Cuilの出現を考えると興味深い出来事と言えよう。


 『Cuil』で試しに“コードギアス”と検索してきました。(`・ω・´) シャキーン
まず3カラム構成で表示されるのがビックリだ。Σ(´Д` ) 「Explore by Category」という欄にJapanese Musical Groupsで“アリプロ”、Anime Of The 2000sで“xxxHOLiC”など、カテゴライズされた関連キーワードが表示されます。なぜかVisual Novelsも表示されたけどw

そして困ったことに“コードギアス 感想”では検索できなかった。(´・ω・`)ショボーン
Cuilは「個々のページの文脈と、クエリーが表している概念をもとに最適な検索結果を返す。」システムらしいので、日本語の検索だとうまく機能しないんでしょうね。'`,、('∀`) '`,、

※後で検索できるようになってた。“コードギアス 12話”などはまだダメ。



 しっかし国産検索エンジンがパッとしないうちに世界はどんどん進歩して行くねぇ。(´ー`)y─┛~~
経済産業省の『情報大航海プロジェクト』なんていきなり暗礁に乗り上げそうな名前だなと思ってたら、『Green RSS Japan』エコ検索(笑)とかやらかしちゃうし。(ノ∀`) アチャー
長い事頑張ってる『見える!検索エンジン MARSFLAG』はサイトイメージが表示されるのが特徴だけど、レイアウトくらいしか判別できないから意味無いし・・・



 

0 件のコメント:

コメントを投稿